• 台湾コンサルティングサイト
  • フリーダイヤル0120-280-050海外通話 +8148-284-3101

UPDATE: 2019-01-18 12:35:04

JPY
JPY
TWD
TWD

0.28218

UPDATE: 2019-01-18 14:00:40

TWD
TWD
JPY
JPY

3.54530

台湾・企業買収関連の総合コンサルティング

  • レスポンス
  • お問合せ

企業買収 関連のコンサルティング全般

台湾への新規参入を図る上で、企業買収を考慮されるケースもあります。企業買収を行うことで、事業が多角化され、弱体部分が強化されるといったメリットもありますが、同時にデメリットも生じます。

企業買収を行うべきかどうか、また、どういった企業の買収を推奨されるか、買収を行うことでどうなるかなど過去のコンサルの前例をもとに、アドバイスさせて頂きます。

企業買収 関連のコンサルティング全般

台湾企業買収のメリットとデメリット

企業買収を行うことで、現地への新規参入、また事業拡大に掛かる時間の短縮が可能です。ゼロから台湾でスタートするとなれば、現地での物件探しや工事業者の手配など、本業以外にも時間を割くべき仕事が多く、多大な時間と労力が必要とされます。

また、予め現地のノウハウを知ったスタッフを獲得することも可能で、あらゆる下準備の効率化になります。ただ、日系企業が台湾企業を買収し、形式的にそれが成り立ったとしても、仕事をするスタッフは外国人同士となるわけですから、そこで亀裂が生じてしまうこともあります。

また、買収によってより大きな利益を見込んだものの、理想の利益を生み出すことが出来ず、逆にスタッフのモチベーションを下げてしまったという事例もあります。過去のデメリット事例なども考慮しながら、台湾企業買収のコンサルティングを行って参ります。

台湾企業買収のメリットとデメリット

企業買収の実情

台湾企業を取り巻く経営環境は大きく変動しています。台湾企業をM&A会社売却したいという話が多くなっており、とくに、台湾は、親日であり、日本の統治時代が続いたこともあり、商習慣や人の考え方も、日本のそれと似ています。

台湾と日本企業関連法律制度ももともと日本の制度を参考に作られ類似しており、この点からも、グローバル化の一段階として、台湾企業のM&A企業買収は、最も取り組みやすいということができると思われます。

特に、日本企業において、今日のグローバル化の中において、M&Aによる海外企業の買収は企業価値の向上は欠かすことができません。

企業買収の実情

台湾企業M&A企業買収に関するM&A仲介サービスは、ご相談ください

台湾企業に対するM&A企業買収の案件については、台湾の数多くのM&A仲介会社とのコンタクトを有しています。このようなネットワークを通じて、日本企業が必要とする台湾企業に対するM&A企業買収の案件を発掘し、ご提案・仲介しております。

台湾企業に関するビジネス、法務、財務、税務、組織、人事等の状況を包括的に理解し、M&A企業買収案件を推進するM&Aアドバイザーが必要です。台湾企業に対するM&A企業買収案件の法務も、台湾弁護士と提携と協働して実行いたします。ご相談内容については、秘密を厳守いたします。

台湾企業M&A企業買収に関するM&A仲介サービスは、ご相談ください
  • 総合コンサルティング
  • お問合せ
sns

無料通話アプリで相談!
ID:tanteisoudan