• 台湾コンサルティングサイト
  • フリーダイヤル0120-280-050海外通話 +8148-284-3101

UPDATE: 2019-03-19 07:23:50

JPY
JPY
TWD
TWD

0.27625

UPDATE: 2019-03-19 07:16:13

TWD
TWD
JPY
JPY

3.61993

台湾・犯罪歴・訴訟歴の調査

  • 特殊調査
  • お問合せ

犯罪歴・訴訟歴の調査

台湾のビジネスパートナーが、過去に訴訟されていた経歴がある、取引先の企業の社長に犯罪歴があった…。もしこんな状況を知ったらどうでしょうか。業務提携や取引を一旦見直すと思います。

実はこういった事例は少なくありません。とくに日本人は台湾人の素性はわかりません。
過去罪を犯し、ニュースになったような人物も台湾ではわかりません。

知らずに近づいた人物がとんでもない過去の経歴を持っていたという事例もあります。トラストジャパンが対象人物の犯罪歴、訴訟歴を調査します。

犯罪歴・訴訟歴の調査

日本人は犯罪歴・訴訟歴のある人物から近づかれやすい

犯罪歴、訴訟歴のある人物や企業との取引、ビジネス提携を行うことは勧められません。そういった人物は、再犯の可能性があるからです。何食わぬ顔で愛想良く近づき、最後には相手の思惑に陥れられ、お金を騙し取られるような被害も過去にはありました。

日本人は素性を知られていないということで、犯罪・訴訟歴のある台湾人には近づかれやすいのです。こういった人物らと提携してしまうことで、後に自社の評判を落としてしまうこともあります。現在取引を行っている人物、今後取引を考えている企業の社長など、一度素性を調査し、犯罪・訴訟歴があるのかどうかまで調べておくことをお勧めします。

日本人は犯罪歴・訴訟歴のある人物から近づかれやすい
  • 個人情報について
  • お問合せ
sns

無料通話アプリで相談!
ID:tanteisoudan