• 台湾コンサルティングサイト
  • フリーダイヤル0120-280-050海外通話 +8148-284-3101

UPDATE: 2019-09-22 10:36:37

JPY
JPY
TWD
TWD

0.28826

UPDATE: 2019-09-22 12:04:58

TWD
TWD
JPY
JPY

3.46914

台北・合併前の判断サポート

  • 調査事例
  • お問合せ

台北 合併前の判断サポート

台湾は首都台北からお寄せいただいた案件です。「現在同業の台湾企業より合併の話をもらっている。

規模拡大の為に前向きに検討しているが、本当にこの話を受けていいか迷っている。

台湾で長年企業調査を行なっているトラストジャパンの立場から、受けるべきかどうか意見が欲しい」とのことでした。早速調査を行うことにしました。

合併から生まれるメリット

一般的に合併を行うことで、資金面にも余裕が生まれ、企画や開発など、様々な新しい分野にチャレンジできること、また、人員も増加することでより優秀なビジネスパーソンの育成にも繋がります。

ただ、依頼者様の企業は、彼らにしかない唯一無二の商品を会社の看板として持っており、合併を行うことで商品の重要性が薄れてしまうのではないかと悩まれていました。そういった面も視野に入れ、調査を行いました。

台湾企業の目的は?

今回は、合併を希望してきた企業の根本的な目的まで遡り、機密調査を続けました。

すると、この企業も一押ししている商品があり、人員を増加して、更にその商品を押そうとしている背景があることがわかりました。

そうなると、依頼者様の企業の商品は霞んでしまう可能性があります。一旦こうした根本的な最終目的を詰め、話し合い直すことを勧めました。

再交渉とその後

今回、再度台湾企業との交渉が行われ、弊社スタッフも通訳として賛同しました。

通訳したことで、互いの意思もはっきり伝え合うことができましたが、やはり最終的な目標が異なるという結論に至り、合併の話は白紙になりました。それでも、「曖昧な決断をしてしまうところだったので、しっかり調査で対応してくれたことに感謝している」とのコメントを頂きました。

合併や規模拡大の話になると、目先の利益に目がくらみ、本来の目的を見失ってしまうこともあります。そうした事態を避けるべく、台湾企業との吸収や合併の話を振られた際は、ご相談ください。

  • 総合コンサルティング
  • お問合せ
sns

無料通話アプリで相談!
ID:tanteisoudan