• 台湾コンサルティングサイト
  • フリーダイヤル0120-280-050海外通話 +8148-284-3101

UPDATE: 2019-08-26 16:05:49

JPY
JPY
TWD
TWD

0.29442

UPDATE: 2019-08-26 17:02:03

TWD
TWD
JPY
JPY

3.39276

台中、取引先社長の行方調査

  • 調査事例
  • お問合せ

台中で取引先社長の行方調査

取引先の社長が急に居なくなってしまった、仕入先、納品先と連絡が取れなくなってしまったというトラブルは台湾の企業調査でよくあるトラブルのひとつです。今回は台中の日本人個人事業主からのご依頼でした。

「現地の納品先から急に連絡がなくなった。電話やメールをしても対応がないので、どうなっているのか調べて欲しい」といった案件でした。真相を探るべく調査を開始しました。

台中で取引先社長の行方調査

取引先社長と連絡が取れなくなってしまうケース

取引先社長と連絡が取れなくなってしまうケースは、大半が支払いに首が回らなくなってしまった状態です。クライアントには発注を続けたものの、最終的にはどうにもならなくなってしまった状態で首が回らなくなり、夜逃げ状態で行方をくらませてしまうのです。

今回も恐らくそのケースが該当していると思われました。ターゲットの会社と自宅は既にもぬけの殻になっていたのです。

取引先社長と連絡が取れなくなってしまうケース

台湾全域で社長を捜索

今度は台湾中の提携している調査機関に呼びかけ、この社長の手掛かりをもとに居場所を探しました。すると数日後、別の街の知人宅に身を預けているターゲットが発見されました。やはりこの人物は、一方的に会社を畳み、売上金を踏み倒そうとしていたようです。借金が膨れ上がり、どうにもならなかったということも明らかになりました。

現在、この台中の社長と依頼者様が弁護士の立ち会いで話し合い、少しづつ売上金を返済していくという方向で話がまとまりました。台湾での借金踏み倒しに悩まれる企業主様、今からでも債権回収は間に合うかもしれません。まずはご相談下さい。

台湾全域で社長を捜索
  • 報告書
  • お問合せ
sns

無料通話アプリで相談!
ID:tanteisoudan