• 台湾コンサルティングサイト
  • フリーダイヤル0120-280-050海外通話 +8148-284-3101

UPDATE: 2019-01-18 12:35:04

JPY
JPY
TWD
TWD

0.28218

UPDATE: 2019-01-18 14:00:40

TWD
TWD
JPY
JPY

3.54530

台湾総合コンサルティング・刑事訴訟・裁判

  • 弁護士
  • お問合せ

台湾での刑事訴訟・裁判

台湾は被害者が自ら刑事裁判を提起できます。これは刑事訴訟法で認められていて、「自訴」といわれます。管轄裁判所に対して自訴する場合、「被告の姓名、性別、年齢、住所又は居所、その他、特徴を見わけるに足る資料」他、犯罪の証拠、その他法律にいかに反しているかの説明を必要とされることがあります。

日本の場合は例外もありますが、刑事裁判を提訴できるのは国家訴追主義に基づいて検察官のみです。ただ、自訴が可能であっても、訴訟を提起するあたりには弁護士に依頼する必要があります。やはりこういったケースで日本人被害者が自ら該当事件に精通した弁護士を探し出し、刑事訴訟を行うには莫大な時間と労力を伴います。

台湾での刑事訴訟・裁判

刑事訴訟への流れ

犯罪の証拠、法に違反しているかの証拠などは、トラストジャパンが調査の段階で明確にすることが出来ます。
そして、それらの証拠を弊社が提携する弁護士へと提出し、訴訟の提起へ繋がります。民事裁判沙汰以上に悪質で、事件性を伴うトラブルが発生した場合、刑事訴訟、裁判として取り扱われるケースがあります。
社員に横領された金額、また組織ぐるみで投資詐欺被害に遭った金額が莫大だった場合、刑事事件として扱われた事例が過去にもあります。

刑事訴訟への流れ
  • ご質問
  • お問合せ
sns

無料通話アプリで相談!
ID:tanteisoudan